スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続ヤカンの先生

 
                              忠臣蔵

 心底惚れた志ん朝師匠がお手本にしていたから という訳じゃなく、小生は 今に至るも


「万太郎の呪い」とでも申しましょうか、金馬師匠の芸は不当に貶められていると遺憾に


存ずる次第です。万太郎クンはオクビにも出しませんでしたが、破礼噺(バレバナシ)を拝聴


すれば、その噺家の芸道精進のほどが一発で分かります。ご案内の通り、破礼噺は艶笑落


語のことでして、下ネタをサラリと語って、ご婦人にも嫌悪感を覚えさせず、クスリと笑


わせるというのは生半可な話芸ではありませんぞ。金馬師匠の破礼噺中で小生の大好物は


仮名手本忠臣蔵の四段目「塩冶判官切腹」のパロディでした。国家老大星由良助の到着を


待ち侘びる判官は、由良助長男の力弥に「由良助はまだか」と尋ね、力弥「未だ参上仕り


ませぬぅ」。時は流れ、力弥は判官ご正室かほよ午前の寝屋のお相手を勤めます。かほよ

前は 感に堪えず「力弥 そちゃ まだ行かぬのかぇ」、力弥「未だ参上仕りませぬぅ」。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。