スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静謐で穏やかな死


 最近は「都会の老人の孤独死」が現代社会の産んだ悲惨な歪みとして採り上げられ、こ


れを防止する様々な取り組みや通信機器の開発が進められているやに伺っています。必要


な議論であるとは 重々承知しておりますが 核家族化が進行し人口の約25%が 65歳以上


ですから ある意味避け難い現象だと思います。悲惨の強調や脅かしっこはやめましょう。


                                  老人

 例えば今年3月25日ロイター発の記事では ドイツ西部のフランクフルト近くで66歳の


女性の半ばミイラ化した遺体が 自宅アパートの居間で発見されたとのことです。死後6


月以上経っておりTVはずっと放映したままだったとのことで、夢うつつの状態でTVを


見ながらの自然死と判断されています。典型的な孤独死ですが、かかる現象は日本だけじ


ゃなくドイツ等の先進国共通の悩みなんでしょうな。でも小生には、この初老のドイツ女


性の死が、さほどに悲惨とは思えないのです。むしろ 静謐で穏やかな死と羨んでいます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。