スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かくも長き不在


 確か1960年代初頭のフランス映画で「かくも長き不在」という名作がありましたなぁ。


パリのカフェの女主人が、記憶喪失で浮浪者となった夫に二十年ぶりに再会しするのです


が、記憶を取戻した瞬間に夫は事故死するという甘美で儚く憂鬱な物語であった筈です。


               かくも長き不在

 数日来、理化学研究所のSTAP細胞への賞讃やらチームリーダー小保方女史への敬愛やら


過熱報道が目立ちますが、何でも研究活動に支障が出ているやに伺っております。ここは


一つ、STAP細胞の原理を平易に理解することに努め、心静かに日本人としての誇りに酔い


しれますか。例えば皮膚細胞は「僕ぁ皮膚だ」との記憶を堅持しており、この記憶は抓っ


たりしても金輪際消えないとのことです。ところが三十分ほど酢漬けにされると皮膚細胞


はショックで「ここはどこ?僕は誰?」てな記憶喪失に陥るらしいのです。その後、これ


を心臓に埋め込むと「僕って心臓だったんだ」と安堵して心臓になる訳です。本当かね?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。