スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池波正太郎③・・・求道者と風狂の徒

 
 
食に対する池波正太郎の拘(コダワ)りは並大抵ではなく、随筆を読むと 余りの一徹に苦笑


させられること頻(シキ)りですね。 氏が、数十年の長きに亘り、夕食の献立と晩酌時の肴の


感興を克明にノートに記録し、 食卓にこれを常置したのは周知の事実です。 食事内容に不


満だと 「これでは 血にも肉にもならない。 あー、 とても働けるものではない。  実に情けな


いことである。 こんなことでは 小説なんぞ 書ける訳がない」 てな愁嘆を 連綿と書き綴るん


ですから凄(スサ)まじい。これを嫌々ながら 読まされる夫人こそいい面の皮です。 私がやっ


たなら、 疾()うの昔に家内に一服盛られ、あえなく往生。夜陰に乗じて人知れず荒川の土


手辺(アタ)りの薮中に 埋められておりましょう。 誠に、 池波正太郎は、 旨いモノを喰らわん


が為には不惜身命の求道者であり、傍若無人(ソバニヒトナキガゴトシ)の風狂の徒でありました。

 
                                                      e0202018b.gif                                

 流石(サスガ)に、島田、辰巳、水谷らと新派演劇で一世を風靡した荒武者ではありますな。

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【求道者と風狂の徒】

   食に対する池波正太郎の拘(コダワ)りは並大抵ではなく、随筆を読むと 余りの一徹に苦笑させられること頻(シキ)りですね。 氏が、数十年の長きに亘り、夕食の献立と晩酌時の肴

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。