スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荘厳の青き光


 六十の声を聞いてから 私は「生の終わり、即ち 死を粛然と受け入れる覚悟を日々養わね


ば」 と 自戒してきました。死を凝視せんとする私に 先月(7月)末、30日 配信の 産経新聞


の科学啓蒙記事 「ヒトも、死ぬ時に 『青い光』 を 放つ?」 は、生と死の 玄妙なる共鳴現象


を紹介しており、一読、再読、再々読、静謐の驚畏に 心満たされ、鳥肌が立ちましたね。


                                       ill_hotaru01.gif

 英国の某カレッジの研究者らは、死にかけている線虫に 紫外線を照射すると 線虫は内部


から 青い蛍光を 発することを 発見したとのこと。しかも 彼らが “death fluorescence (死


の蛍光)”と呼ぶこの青い光は、線虫の死の瞬間に最大の輝きを放ち、死後は 消滅するとい


うのです。死の蛍光は 加齢死・ストレス死の 両方で 観察されることから、死は 一連の自滅


信号により 進行する 秩序立ったプロセスであることを 窺わせます。魂が 荘厳の青い光とな


り 体から放たれ 消えていくのです。生と死が、かくも 儚く 美しく 演出されていようとは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。