スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくすけ物語⑬・・・利己的な遺伝子


 既にご案内の通り、ボスのジニヤはボーダーコリーの純血種でしたが、Sさんと散歩を


ご一緒する度に、牧羊犬に脈々と伝わるDNAの働きの精妙さに舌を巻いたものです。  

                                        
1278311i.jpg

 ボールを投げてやると、一陣の疾風と化して追跡、未だ転々とする内に捕獲して、些か

の懈怠
もなく取って返します。投げ手の足下にボールをそっと置き、頭を低くして後ずさり、


緊張感を保った待機姿勢で再度の業務命令に備えるのです。そう、何十回、何百回でも。


束の間ですが、動物行動学の祖ドーキンスまで遡らなくとも、いささか食傷気味ですが竹


内久美子の毎度のご紹介「利己的な遺伝子(The Selfish Gene)」の仮説通り「全ての

個体
は遺伝子に操られる乗物に過ぎない。」 と思えてきましたね。

 それにしても、ジニヤがご主
人よりも奥さんに深い敬意と忠誠を捧げているのは、私にと

って物悲しくも身につまされる発見でした。 祇園精舎の鐘の声、 諸行無常の・・・。

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ふくすけ物語⑬】

 既にご案内の通り、ボスのジニヤはボーダーコリーの純血種でしたが、Sさんと散歩をご一緒する度に、牧羊犬に脈々と伝わるDNAの働きの精妙さに舌を巻いたものです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。