スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭湯閑話④・・・菖蒲湯と三題話

 5月5日子供の日の銭湯は菖蒲湯で、おまけに半額サービスです。そこで、このところ

歳をサバ読んで「五十肩で。」と連呼、愁訴する家内を珍しくも「竹の湯」へ招待しました。

半額なので 「芋の子を洗う」コミ具合を覚悟していたんですが、普段とそう変わりません。

 
                    1305176.jpg

 破格の人Fさんや向島のTさんも遅れてご来臨です。 サウナの後で冷水風呂そしてジ

ェットバス、時々露天薬湯のサイクルを繰り返せば、しみじみ贅沢してると実感いや体感

します。 江戸時代なら、按摩(ジェットバス)と医者(薬湯)を引き連れて湯治三昧のどこ

ぞのお大尽さながら。お湯を堪能して家に戻ると、何の暗喩か、家内から「昔は粋筋のご

商売でサゾや浮名を。」 という年配のご婦人とサウナで ご一緒したという話を聞きました。

日本髪でも結っていた名残か、長い髪を丁寧に洗っていたとのこと。 ふむぅ、湯治に按摩

や医者ときて最後は年増芸者か。よくできた三題話みたいな今日の「竹の湯」でした。

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【菖蒲湯と三題話】

 5月5日子供の日の銭湯は菖蒲湯で、おまけに半額サービスです。そこで、このところ 歳をサバ読んで「五十肩で。」と連呼、愁訴する家内を珍しくも「竹の湯」へ招待しました。 半

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。