スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白川静②・・・碩学の背景と条件

 「白川静の世界/Ⅰ文字」を読んでいて、白川先生という巌のようにそびえ立つ碩学が

この世に顕現した背景と条件を改めて認識し、同時に、今後このような知の巨人が日本

から輩出されることはなかろうとの思いを強くしましたね。

                    20091022_1325721.jpg  

 先生自身の学術的才能、即ち、研究対象を見つめ続ける意志の強靭さや対象の分析

と体系化を実現する明晰な頭脳は業績の基盤として当然でしょうが、白川文字学の扉を

開く鍵となった甲骨文字が、先生誕生のわずか二十年ばかり前に、先生を待っていたか

のように発掘されたことは天の配剤と言うほかないんでしょうな。

 
 
また、先生の健康と長寿もただありがたく、漢字研究の金字塔である「字統」、「字訓」、

「字通」の三部作が完成したのは実に先生八十六歳の時であり、九十六歳で遷化される

直前まで「漢字講話」を催すなど長きにわたる学究生活は壮健さあってのものでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。