スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間抜けな性善説


 誤解を恐れず直裁に申せば、小生はどう韜晦しようと同性愛者を好きになれませんし、


先天的か後天的かは浅学にして存じませんが「心の病の一種では?」とも疑っています。


くどくも弁明しますが「好き嫌い」であって「正邪」や「善悪」とは夢思いませんがね。


                              カーリング

 昨夜(27)真夜中の産経新聞の国際面記事「『ソチに同性愛者はいない』ソチ市長」を


一読、例の「冷凍食品への農薬混入事件」に纏わるメディアの屁理屈を想起しましたぜ。


欧米の偽善者共は、ロシアの同性愛者宣伝禁止法を攻撃し、内政干渉どころかロシアの文


化・伝統破壊まで企てています。対して、ソチ市長は「我が町に同性愛者は皆無」と凡そ


根拠のない政治宣伝を叫び返す有様です。かの「農薬混入事件」でも、メディアは「管理


の徹底ではなく、経営者と従業員が『安全な食品の製造』という目標を共有すべき」との


間の抜けた性善説を垂れ流しています。あのねぇ、危機管理ってのは本来性悪説なのよっ。


スポンサーサイト

昭和は遠くなりにけり


                   
               サザエさん    

 家内の祖母は、明治・大正・昭和・平成の御代を生き抜き、百と二歳で家内に看取られ


ながら大往生を遂げました。日本の近現代と寄り添う様に生きて死んだ訳ですが、彼女は


明治・大正・昭和・平成の各々の時代を吹き抜けた風をどう感じていたのでしょうか?時


代の風や象徴は十人十色です。かく言う小生の場合は、今なお「サザエさん」に昭和への


断ち難い郷愁が募ります。あの頃、大人達は、敗戦後の貧しさに怯むことなく、真っ黒に


なって働き、喜怒哀楽の汽笛を響かせながら高度成長への鉄路をひた走ったものですよ。


昨日(27)来、メディアはTVアニメ「サザエざん」の「磯野波平」役、声優の永井一郎


氏のご逝去を報じております。そう言やぁ「波平」の他に「YAWARA!」の「猪熊滋悟郎」

「じゃりん子チエ」の「小鉄」等、小生の記憶にある永井氏のハマリ役は、何故か昭和

雷オヤジやガキ大将を彷彿とさせるのです。井戸水・ちゃぶ台・白熱電球・蚊取り線香・・・。


見栄っ張りの甚助と尻軽ババア


 「政治家としての能力評価に下半身問題は関係ない」とは進歩的文化人と称する薄馬鹿


サヨクが訳知り顔でよく垂れる能書きであります。特に、19世紀から20世紀にかけて猖


を極めた社会的な感染症「自由・平等・博愛」妄想ウィルスの感染者に顕著な症状です。


               オランド大統領

 今朝(28)ほど来、TVニュースで「フランスの助平ジジィのオランドくんが事実婚パ


ートナーの尻軽ババァのトリルベレールと『別れたい』と公表した」と報じています。重


篤な「自由・平等・博愛」妄想に陥っているとは言え、こんな見栄っ張りの甚助を大統領


と呼び、かかるアバズレをファーストレディと貴ばねばならぬフランス国民の恥辱は如何


ばかりかと同情に耐えませんなぁ。何、下半身は無関係?なら、公器とも言うべきフラン


ス通信(AFP) を使い、色情狂の別れ話のモツレを世間様に訴えるなどもっての外。大体、


薹の立った私的な愛人を公式訪問先の外国元首に紹介することが公私混同じゃないかぇ。

ほんの2~3千年前


 メディアや自称識者の無責任なエコナチズムを除外すれば、実は「地球が温暖化の坂道


を登っているのか、寒冷化の峠を下っているのか」は専門家の間でも議論が伯仲しており


寒冷化説の方がやや優勢です。同様に、人類の酷寒や灼熱の生の記憶も儚いものですな。


                                テニス

 今朝(26)の産経新聞のスポーツコラム「本気!汗でびしょ濡れ 全豪テニスの『暑い』


ドラマ」は奇想天外なスポーツ医学説を紹介しており、笑わせて貰いましたね。今月13


から始まった全豪テニスは連日の42℃超え猛暑でしたが、大会ドクター長の T ウッド


の試合続行の英断の下で、選手達は意識朦朧として文字通りの死闘を繰り広げました。

 
ウッド氏曰く「お主達ゃ、ほんの2~3千年前まで灼熱のアフリカ高地で、1日中、
獣を

追い回してたんだから、大丈夫。どっちゅうこと無いぜよ。何、目まい?気のせいだ
っち

ゅうの」と不敵に高笑い。豪快と言うか、無神経と言うか、無闇に明るいのですよ。

関西人の往生際の悪さ


 悪事露見に及んだ時の関西人の往生際の悪さは、関東人や九州人の追随を許さぬふてぶ


てしさでして 「天を畏れぬ」とは 上方贅六気質のことに違いないと 常々 思っております。


                                         懐中電灯

 本日(24) になった途端の 産経新聞 関西ネタ 「水を使わず、懐中電灯で 生活ってホント


? 通勤手当不正受給の女性教諭を 減給処分 堺市教委」は、関西人のど厚かましい開き直


りを 報じています。堺市立高校の悪徳女教師 57歳は 同市内から通っておりながら 遠く離れ


た和泉市の自宅から通勤していると 嘘八百を届け出て、一年余に亘り 20万円の通勤手当を


詐取していました。見かねた 同僚の 通報で 不正が 発覚しましたが 「言い掛かりでんがな。


神かけて 和泉市から 通ってまっ」 と強弁し、「電気代や水道代が “0” は ないやろ」 と追究


されると 「懐中電灯で 生活してまんにゃ。 (毎日、野糞垂れて) 一滴の水も 使ってまへん」


居直る始末です。いっそ、和泉市の自宅で 「電気・水 “0” 」 の生活を させましょうよ。

「市民団体」の偽善


 「市民団体」なる名乗りが似非人道主義者や偽善的な左翼活動家の隠れ蓑に過ぎぬこと


は夙(ツト)に知られており、毒々しい旗の林立するコヤツらの集会はおぞましい限りです。


腐臭芬々たるコヤツらは、中国や朝鮮半島への謂われ無き謝罪を声高に叫ぶ癖に、中国や


朝鮮半島が他国の人倫を踏み躙る言説には頬かむりをします。ご都合主義の極みですな。


                 仙石 

 今年も3月11日が巡り来ます。大震災直後に国際社会の中でも突出した義捐金をご寄付


頂いた台湾に対し、一昨年の追悼式で民主党政府は中国に媚びて指名献花すらさせないと


いう無礼非道を働きましたが、昨年の安倍政権は深甚の謝意を込めて台湾の指名献花を拝


受しました。来たる三周年追悼式でも「台湾を尊重するな」との中国の没義道を撥ね除け、


安倍政権は台湾を指名献花の礼で遇するそうです。「市民団体」の偽善はここに窮まれり。


檻の内外


 ご案内の通り、ニューヨークのブロンクス動物園では、かってポツンと鏡だけが据えて


ある檻に「この世で最も危険な動物」と書かれた標札が取り付けられていました。日本の


井の頭動物園じゃ、今でも同様の鏡が人類への皮肉なウィットを披露している様ですね。


                              動物園

 しかし本日(22)早朝の産経新聞が配信した「ライオンが首をつる『死の動物園』、過


去2年で『500匹』死亡・・・」なる記事は、こうした標札が気の利いた箴言(アフォリズム)では


なく真摯な弾劾であることを伝えています。インドネシアのスラバヤ動物園は4年前から


「死の動物園」として世界中に悪名を馳せていました。ライオンがワイヤーで縊死したり、


オランウータン二匹が喫煙ショーの果てに肺炎等で若死にしたりは序の口で、肺結核のキ


リンの胃の中から 20kgものプラスチックが出てきたり、スマトラ虎が防腐剤中毒死する


など不審死の不気味な行進が続いています。檻の内外の動物を早急に入れ替えなさいよ。

博愛衆に及ぼし


 「恭倹己を持し ・・・」と来れば、ご存知「教育勅語」の一節でして「博愛衆に及ぼし」


続きます。大御宝を思い遣る明治天皇の御叡慮忝(カタジケナ)く、頭を垂れるばかりです。


                    
                温泉

 草木も眠る本日(20)未明の産経新聞の関西下ネタ「関西の奥座敷『女湯』30分間丸見


・・・30代」独身女性ら 老舗旅館提訴 兵庫・武田尾温泉」を拝読すると「ユスリタカリ」


な特殊な業界用語まで連想しますね。30代独身女性と50代母親は昼下がりに老舗温泉
旅館で

半時間ほど入浴したのですが、風呂上りに浴場の向かいの廊下から浴室が丸見えで
あること

に気付き、あたら玉の肌を他人様に晒した口惜しさで癪を起こすわ夜も眠れぬわ
で、旅館を

相手に二百万円の損害賠償を提訴したのです。「恭倹己を持し」即ち「私めの貧
相な裸体で

お目を汚し」と謙虚に構え、「博愛衆に及ぼし」即ち「同宿の皆々様のささやか
な旅の思い

出になれば嬉しゅうございます」と年相応の懐の深さを披露できないのかぇ。


奴ぁ確かにイカレてたね


 軽薄才子の米国大統領オバマくんを「米国軍総司令官の癖に部下どころか自分さえ信頼


できない(口先だけの臆病者)」と「痛烈に批判した」とされるゲーツ元米国々防長官の回


顧録「Duty(責務)」が先週14日に発売されたとのことです。ゲーツ氏の非難は痛烈どころ


か遠慮がちなアテコスリですが「百才あって一誠無し」のオバマ評には全面同意します。


                              ノムヒョン 

 同回顧録中でゲーツ氏は、2007年に会談した韓国大統領のヌラリヒョンこと盧武鉉クン


が会談中に「アジアの安全保障の最大の脅威は米国と日本だ」と東スポも裸足で逃げ出す


霊感発言をぶっ放した旨を暴露し、「奴ぁ確かにイカレてたね」と断定したそうです。ご

内の通り、その後ヌラリヒョンは、二重瞼になって裏山の崖から身投げして頭カチ割っ

死ぬ訳で、他に言い様がありませんわな。尤も「ありゃ北の金王朝の工作員に違いねぇ」


と真っ向唐竹割りにするという率直なモノ言いの方が元国防長官にはお似合いですがね。


鬼道に仕える朝日新聞



 三国志、魏書東夷伝、倭人条の卑弥呼の件は不気味な印象を遺す文章です。皆さん一度


は詠んだことがある「名は曰く卑弥呼 鬼道に事(ツカ)え  能()く衆を惑わす」の一節は


「名を卑弥呼という 禍々しい呪術を使い 人々の心を操っていた」という意味ですね。


                                  魔女

 昨日(17)来、小野田寛朗 元陸軍少尉のご逝去が TV等で報じられおります。享年92

、“Last Samurai”の御霊の寧(ヤス)からんことを。中国や朝鮮半島の悪意が日本を覆わ

とするこの時に及んでも、貴方の三十年に亘る護国の壮志に唾する者がいることは 痛恨

極みです。今朝の天声人語は「小野田さんが91年の生涯を閉じた。・・・生きて虜囚の辱し


めを受けず、という。だが陸軍のスパイ教育は違ったらしい。・・・」と思わせぶりに、しか


し弁解の余地もなく 露骨に「小野田さんは武人の鑑じゃない。陸軍中野学校出のスパイだ


ったから 自決もせずにノコノコ投降して生き恥を晒した」と嘲ったのです。この外道め!


費用対効果を語らぬ卑怯


 歴史的な得票で都知事になった痘痕河童の猪瀬クンを5千万円ポッチの裏献金で「辞め


ろ辞めろ」と騒ぎ立てて辞職に追い込んだメディアや都議会議員は、50億円以上の選挙費


用が都民の税金から毟り取られることについては見て見ぬ振りを続けております。今時、


政治家が清濁併せ呑む形でしか選挙資金を捻出できぬことは、皆さんご案内の通りです。

                   
                札束

 後先考えずに民心を煽り、その後の費用対効果を語るべき場面では沈黙を守る、こうい


う輩は、二枚舌野郎とか扇動家とか口舌の徒と呼び卑しむべきであります。立候補者をご


覧なさい。一円の援助もせずに実姉に生活保護を受けさせて平然としている元厚生労働大


臣の枡添クンは、認知した隠し子の養育費支払いも拒否しております。一億円の裏献金で


政権を投げ出した肥後の馬鹿殿の細川クンは「脱原発!オリンピック返上」とご乱心。痘


痕河童の後釜にこんな魑魅魍魎まで這い出してくる始末で、余りに馬鹿げた茶番劇です。


強制送還しろっ


 呼びもしないのに 他人様の家に 上がり込んできちゃ「金が無くてね、ホント助かります


よ。」と図々しく三度三度のタダ飯に舌鼓を打ちながら、棚ボタの万馬券配当のことはオク


ビにも出さず、垢ぬけた女将さん目当てに 毎晩の小料理屋通い。こんな お下劣野郎に出入


りをズルズルと赦すのは「人が好い」と言うよりタダの「意気地なし」と言うべきですぜ。


                               ポルシェ

 今朝(16)の産経新聞 三面記事「ポルシェに乗って生活保護費受給!? 韓国籍男を再逮


捕」は、不逞の在日韓国人に 足蹴にされても 愛想笑いする日本人の不甲斐なさを報じまし


た。長田暑は、窃盗罪で逮捕した 無職の在日韓国人の 朴某(48)を「二度の交通事故で得た


保険金1,100万円を隠し ポルシェを乗り回しながら、生活保護費 470万円を 受給した」と


して詐欺容疑で再逮捕しました。「二度の交通事故」も怪しい限りですが、この破廉恥漢は


「保険金は不労所得。なんで 申請しにゃいかんの?」と不満タラタラ。強制送還しろっ。

野(ヤ)に遺賢在(ア)り


 ご案内の通り「野に遺賢無し」は書経の一節で、後に「萬邦咸(コトゴト)く寧(ヤスカラ)ん」

続きますよね。「優れた人材は全て官職に就き、野(民間)には残っていない、即ち国土

一隅に至るまで正しく経世済民が施されていて実に結構」というほどの意味であります。


                              ミヤタナゴ

 昨日(14)お昼の産経新聞三面記事「絶滅危惧種『増やし過ぎて』1,121匹に 無許可


譲渡容疑で書類送検」は、あたら 在野の賢人を罪人扱いする お役所仕事を報じています。


絶滅危惧種の淡水魚「ミヤタナゴ」28匹を友人から譲り受けた東京都荒川区の会社役員60


歳は、専門書を読み漁る等の 蛍雪の功成り、一年有余で1,121匹まで大繁殖させることに


成功しました。しかし、文化庁に「増え過ぎたので(放流等に)活用して」と申し出たこと


で種の保存法違反と文化財保護法違反で御用となった次第です。無策の文化庁に代わって


稀少動物または重要文化財を 40倍に増やして貰って、何故 罪に問うのか解せませんなぁ。


言葉は神と共にあった


                                認知症 

 
私ゃ、迂遠な表現で弱者を思い遣る演技に耽る奴が大嫌いでして、例えば朝日新聞がそ


の手の偽善者の代表格でしょうね。奴らは「差別じゃ!」と喚き、十年一日の如く言葉狩


りに憂身を窶(ヤツ)す訳です。「『盲』は障害者差別じゃ!『目の不自由な人』と言え」て


な具合です。同様に痴呆症を認知症と言い換えりゃ眼前の悲惨は薄められますが、牛ステ


ーキに舌鼓を打ちながら屠殺の現実を認めない様な詐術です。文化や伝統を破壊して物事


の本質を曖昧にするのは知性と品性の自死行為です。今朝(14)の毎日新聞記事「<若年


性認知症>世界から名詞が剥がれていく・・・56歳が手記」は 記者の偽善に反して、言霊を


喪っていく患者の「世界は名詞から創造されており、私はそこから剥がされようとしてい


るのだ」という孤独と不安を伝えています。それは図らずも、ヨハネ伝福音書の「初めに


言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった」という啓示と重なりますね。

可燃ゴミのルノアール


 今に至るも根強いファンを抱えるテレビ東京の「開運!お宝鑑定団」のルーツは 確か英

国だった筈です。バブリーな日本版と違い 元祖英国版は趣味を貴ぶ地味な番組でした。要

は、番組中で鑑定に供される骨董等の評価額が 日本と英国じゃ 一桁以上 違ってましたね。


                                ルノアール

 昨日(11)深夜の産経新聞 国際面 配信記事「『7ドルの絵』は ルノワール 米裁判所、

『盗
品』と返還命令」を一読「TV番組なら鑑定発表と同時に観客のドヨメキが・・・」と作

品の
不遇に些か同情した次第です。米国バージニア州の女性が露天市場で7ドル(700)

ッチで 買った絵が 盗まれたルノアールの真作と判明し、美術館への返還命令が出たと言

のです。件の女性は、この絵を何時でも捨てられる様に、ゴミ袋に放り込んでいたと聞く


と作品の悲運に思わず貰い泣きです。それにしても、巨匠の真作で 評価額2万ドル(二百万


)チョイってのは、改めて 日本版「お宝鑑定団」の金満家ぶりを 思い知らされますなぁ。


費用対効果を語る狂気


 社会問題の論評能力を疾うに喪失して庶民の嘲笑を買い続けるTVのワイドショーが、


集団強姦犯の丸二日間の逃亡劇を、あろうことか費用対効果問題として語り続けました。


コメンテーターと称する恥知らず共は良識と最も対極的な狂気に囚われているんですね。


                              ウサマビンラディン

 この反日に染まった偽善者達のご注進に、早速、海外メディアが相乗りしてきました。


米国FOXニュースは「日本の警察はたった一人の強姦犯を捕まえるのに全国規模の捜査


を展開した」と皮肉り、英国BBCは「二十歳の強姦犯を探すのに四千人以上の警察官が


動員された」と呆れてみせ、仏国AFPや中国新華社も「四千人の警察官と八百五十台の


警察車両が動員された」と「大規模過ぎる捜査」に批判的な論調でした。それぞれ自国の


治安の心許なさを日本の警察を揶揄して糊塗するのはお止めになったらどうですかねぇ?


米国治安当局が ビン ラーディン一人の殺害に何百億ドル使ったか、もうお忘れですか。


続々 悪について


 この年まで生きてきますと、艱難辛苦に耐えて教養と修養の二足の草鞋を履き潰す程に


人生の山坂を踏破しようとも、人間は激情の嵐に呑まれて自分を見失うことがあるとツク


ヅク思います。「激情などと大仰な」と仰るなら、逆上もしくは癇癪と言いましょうか?


                   
                 悪魔

 今朝(14)ほどTVニュースで、ヤクルトのバレンティン選手が米国マイアミで逮捕さ


れたことが報じられました。離婚協議中の夫人に自宅から締め出されて激昂したバレンテ


ィン君は、奥方を羽交い締めにして寝室までズルズルと引き摺り「このアマ!」と罵った


か否かは判然としませんが、寝室に投げ込んで監禁したというのです。どっちもどっちの


夫婦喧嘩に警察が介入するのも如何なものかと存じますが、取り敢えず「創造できない人


間は破壊したいと願う。・・・ それは無力であることに対する生の反逆だからこそ、却って


実に強烈な衝動なのだ」と喝破したフロム父っつぁんの見識を拳々服膺すべきですなぁ。


続 悪について


                              悪魔

 エーリッヒ フロム 父っつぁんの 共産主義や人道主義への手放しの礼賛には辟易します


が、ロゴスとノモスの間で苦悶し選択し続ける人間存在への洞察には 端倪すべからざる知


力を 認めます。本日(10)早朝の産経新聞 関西ネタ「最高齢受刑者 89歳、福祉施設と化


す『刑務所』の現状・・・紙おむつ片付ける刑務官あたかも『ヘルパー』」もフロム父っつぁ


んの鋭利な哲理を 彷彿とさせますな。神戸刑務所も 男女受刑者の高齢化著しく、まぁ囚人


も 爺婆ばかりという話でして 刑務所は今や高齢者介護施設と化しつつある訳です。老悪党


は ムショ暮しを「情けなや」と 悔やむ反面「自由はおまへんが(福利厚生完備の)安心感は


堪えられまへん」と涙ぐむのです。フロム 曰く「ネクロフィリックな人々は 確実性を渇望


する。事実、死は生において唯一確かなものである」。老いぼれ悪党にゃフロム流人道主義


に則り 収監を無期限猶予するのが「生の不確かさに苛まされる」厳罰になる訳ですなぁ。


悪について


 昨日(9日)の昼下がり、何の罪もない二十歳代前半の娘さんを襲い 集団暴行した挙句に


所持金まで奪った若干二十歳の人でなしが、丸二日間の逃亡の末に 身柄拘束されました。


コヤツが折からの寒波で凍死してなかったのが 至極残念です。このクソガキの逃走劇の最


中に民放TVニュースで ご近所のおばちゃんへのインタビュー映像が流れましたが、傾聴


に値するご意見で、久々に 溜飲が下がりましたぞ。おばちゃん曰く「えぇえぇ、中学生で


既に この界隈じゃ鼻つまみ者の不良でしたよ。髪の毛ぇ金髪に染めちゃって、隣近所の窓


ガラス割り廻って、叱りゃぁ逆切れして怒鳴るんですからね、手ぇ着けられませんよぉ」。


                                悪魔

 この小気味好い駄目出しに 社会心理学者にして哲人のエーリッヒ フロムの著書「悪に


ついて」の一節が頭を過(ヨギ)ります。「悪とは特に人間的現象である。悪とは人間以前の状


態に退行し、特に人間的なるもの、即ち、理性、愛、自由を 排除せんとするものである」


痛快!敵刺親父


 日本贔屓のテキサス親父こと トニー マラーノ氏の活躍についてはインターネット等で


仄聞しておりましたが、この度、彼が音頭を取って始めた「グレンデール市の虚妄の慰安


婦像撤去」をホワイトハウスへ請願する署名が、正式受理条件の10万人超を達成したとの


ことで、欣快の至りであります。さすがは、知日派のテキサス州海軍協会名誉大将ですな。


                テキサス親父

 遅ればせながら小生もYOU TUBEの「【テキサス親父】慰安婦は売春婦!証拠はこれだと


親父がキレタ!」を慎んで拝見させて頂きました。一言で言えば痛快無比。テキサス州の


愛称Loan Star (State)を地でいく快男児でありました。観る前は「狂信的な拝日家じゃ


ないのか」と疑心暗鬼でしたがトンデモナイ。1944年の米国政府による朝鮮人慰安婦の尋


問調書をしっかり読み込んだ上での韓国断罪は見事なジャーナリズムの精華です。それに


しても尋問調書の「韓国人慰安婦はひどい醜女だった」との件(クダリ)は抱腹絶倒でした。


エロクマ万歳!


 老いも若きも痴呆症を患った様にゆるキャラに弛緩した声援を贈る情景をTVで見せら


れる度に胸糞が悪くなりますね。今じゃ津々浦々までゆるキャラが繁殖する始末ですぞ。


                見返りくまモン

 そんな怪しからん風潮に風穴を開けてくれたのは、佐賀県は鳥栖市公認ゆるキャラ「と


っとちゃん」でした。ラジオ深夜番組で下ネタ連発テロに及び閉門蟄居となったのです。


しかし、彼の不撓不屈のココロザシは滅びることなく、次に続く反逆者を輩出しました。


ご存知「くまモン」であります。「フリーメーソンの創始者は金星人だった!?」てな仰天

クープで全国民に愛される東スポWEBの先週末(4日)の特ダネ「紅白で下ネタ連発し

HKから怒られたくまモン」は他紙の追随を許さぬクォリティペーパーの証ですわ。何

と、
同郷のスザンヌの出産に触れて「それ僕の子」と危険球を投げるわ、女性記者を口説

くわ、
共演ゆるキャラの「ふなっしー」の股間を弄るわのエロクマに大変身したんですと。


小人窮する時は斯(スナワ)ち濫(ミダ)す②


 何百年にも亘り半島に棲む人々の脳髄を喰い荒してきた劣等感や事大主義が冷厳な現実


の前で悶死する病理、即ち火病は、到底日本人には理解しがたい異次元空間への扉です。


                 朝鮮半島

 韓国の聯合通信が自国政府の余りに幼稚な夜郎自大ぶりを懺悔しました。昨夜(6日)


J-CASTニュース配信記事「南スーダンPKO、韓国政府はウソの説明していた 韓国軍物


資補給途切れ、弾薬返却も無理」は、妄想に身を焦がす半島人の悲喜劇を報じています。


韓国外交部の「弾は十分あるよ。念の為に国連に予備の融通を頼んだだけよ。憎い日本に


助け求める訳ないっしょ」とのシドロモドロの釈明は通用する筈もない嘘だったのです。


当初の日本政府の説明通り、敵陣中で孤立した韓国軍からの切迫した要請に自衛隊が電光


石火の支援を行った訳で、韓国軍は今なお孤立無援で迫撃砲の嵐に晒されています。韓国


兵の「兒(ジ)あらず虎にあらず彼の曠野に率(シタガ)う」という嘆きにも耳を塞ぐのかぇ?



逝きて還らぬ・・・


 時折、逝きて還らぬ悠久の時の流れの大河にも深遠な淵があり、暗い水底からユラリと


遥かな過去の情景が眼前に浮上して、喜怒哀楽までも生々しく蘇ることがあるものです。


                            南極        

 昨夜(3日)の産経新聞科学啓蒙記事「南極で発見『1914年の探検隊、写真ネガ』復元に


成功」は、アムンゼンやスコットらの苦難の南極探検の歴史を思い出させてくれました。


記事によれば、南極の凍てついた氷雪の下から1世紀前のシャクルトン南極横断探検隊の


写真ネガが発見され、画像の復元にも成功したというのです。ご多聞に洩れず、私も少年


時代にランシングの「エンデュアランス号漂流記」で1年8ヶ月間の氷海幽閉と氷原踏破


の実話に触れ、その痛ましさと雄々しさに胸を潰されそうになりましたね。救助要請の為


の酷寒の彷徨は1,300kmに及んだそうです。また Endurance(忍耐)の船名自体が探検隊の


過酷な運命を先見的に暗示している様で粛然とします。雪嵐 兵(ツワモノ)どもが夢の跡・・・。

おうい 中華屁玉よ


                   熱気球

  
おうい 中華屁玉よ           (おうい 雲よ)


  へろへろと               (ゆうゆうと)


  馬鹿に 頼りなさそうじゃないか     (馬鹿に のんきそうじゃないか)


  広東から どこまでゆくんだ       (どこまでゆくんだ)


  ずっと 尖閣の方までいって 墜ちるんか (ずっと 磐城平の方まで ゆくんか)

 
 上記は、ご案内の通り、明治大正期の詩人にして児童文学者の山村暮鳥の名詩「空」の


パロディであります。何を嘲弄しているのかって?勿論、元旦に魚釣島付近の海に不時着


水した中華阿呆鳥を揶揄しているんですよ。掛け値なしの痴漢(バカモノ)とは、こいつです。


中国河北省の痴呆料理人、徐某は、屁玉の如き熱気球にしがみ付いて福建省を発ち、尖閣


諸島で中華貧民共和国々旗の五星紅旗を打ち振らんと妄想したのですが、哀れ気流に弄ば


れ近海にドボン。気息奄々の愚劣漢は見栄も外聞もかなぐり捨て、無線にて台湾海洋警察


経由で日本海上保安庁に救助を懇願したというから開いた口が塞がりませんわ。海上保安


庁はこのヘタレを保護し、付近を航行中の中国海洋警察艦艇に「優しくしたって」と引き


渡しましたが、中国外務省は本件について「徐クンは熱気球に夢中でして・・・」と歴史的


迷言を繰り返すのみ。老婆心ながら「国を挙げての統合失調症か」と心配になりますぜ。

続きを読む

♪ SKY FALL ♪

                            
                                SKY FALL

 私ゃ、6代目ボンドのダニエル グレッグがイアンフレミング原作の007に一番近い雰

囲気だと評価しております。正確には、初登場の「casino royale」以降の作品が原作の雰

囲気に忠実だと申すべきでしょう。「金髪のボンドなんて」との反発は理解しかねますな。

英国女性アデルが歌う007シリーズ最新作の主題歌「スカイフォール」がグラミー賞
候補

になっていると聞きスッカリ嬉しくなりましたね。アデルの凄まじいまでの歌唱力に
支えら

れた終末観漂う、しかしギリシャ悲劇のように荘厳な旋律と詩は、何時聞いても密
かに落涙

するほど心を揺さぶります。詩の解釈でも様々な創造的議論を惹起しましたね。    

 This is the end               これは終り


 Hold your breath and countto ten     息を詰めて10まで数えて


 Feel the earth move and then       大地の揺らぎを感じて そして


 Hear my heart burst again ・・・・      私の胸がまたも張り裂けるのを聴いて・・・


因みに、詩は老女性上司「M」のボンドへの信頼と秘められた愛の表現だと私は解釈します。

泣かないでおくれ


 昨年末の29日に帰省した息子一家、息子・嫁・長女10歳・二女3歳が元日に神戸に戻


ました。あっと言う間の3泊4日でしたねぇ。孫娘の愛しさは年々募ってくる様ですぞ。

               
                     
               題経寺

 元日の遅い朝食で孫4人にお年玉を渡し、予て用意の自慢の一番出汁に薄口醤油と日本


酒で味を調えたお雑煮は孫らの評判も上々でした。そりゃぁそうでしょう、お椀に薄狐色


の焼餅と刺身用の鯛の切り身を盛り、小松菜と三つ葉を添え、贅の極みの熱々の汁を掛け


回す訳ですから、一口啜れば子供でも「ほーっ」と美味陶酔の細い吐息を洩らしますね。


その後、娘一家は芝犬ウナを預けたまま婿殿の実家へ年始のご挨拶へ出かけました。孫息


子二人の不在に無聊を託つ孫娘達を柴又帝釈天様の初詣に案内しましたが、題経寺内殿参


拝は初体験で結構ご機嫌でした。夕食を済ませて、一家4人車に乗り、出発の時が迫ると


長女が惜別の情に耐えかねて顔中涙で号泣しました。私まで鼻の奥が熱くなりましたね。

柴犬、揉みくちゃ


                               40487.jpg

 28日夜半に神戸を発った息子一家が、29日早朝4時に 四つ木の拙宅に到着しました。


ジジ馬鹿は蔽うべくもなく、一階座敷で寝ていましたが隣接する駐車場に車が入ってくる


気配で跳び起きてしまいました。迎えに出ると、まず息子が寝入っている3歳の下の娘を


抱いており、二階の座敷に直行です。嫁と10歳の上の娘が 行儀よく「お早うございます」


とご挨拶。上の娘は車中泊の疲れも見せず、私に抱きついてきます。だらしなくも、この


先制攻撃だけでジジは他愛なく撃沈され、涙目になって「好く来たねぇ」を繰り返すばか


りです。4人は9時頃まで寝ていたでしょうか。起きるや否や、孫娘二人は西亀有の娘宅


に電話攻勢をかけ「(芝犬の)ウナを連れて来て」と連呼します。根負けした娘はそれから


間なしにウナを送り込んできましたが、お盆以来の4ヶ月ぶりのご対面に孫娘達は大喜び


でウナを揉みくちゃにしておりましたな。盆暮れ正月はペット稼業も骨が折れますがな。

サンタ ピラニア アルゼンチン


        サンタ        ピラニア         アルゼンチンタンゴ                       

 三題噺ってのは寄席の高座に上がってからの即興芸のことでして、客席から「人・物・


場所」の三つのお題を頂戴し、これを折り込んだ噺をその場で拵えて演じるというアクロ


バティックな創作落語劇であります。無論、高度な脚本力に加え演出力と演技力が要求さ


れる真打ち芸で、前座や二つ目にはとても歯が立つものじゃありません。因みに、幕末の


寄席で不世出の名人であった無舌居士こと圓朝が「酔っ払い・財布・芝浜」のお題で創っ


たのが人情話の名作「芝浜」だと言われております。今朝(27)、TVで「サンタ・ピラ


ニア・アルゼンチン」のお題で仰天ニュースが放映されました。サンタもグッタリの40


近い猛暑のクリスマスにアルゼンチン中部のパラナ河で水遊びに興ずる人々がピラニアの


群れに襲われ、約60人が体の肉を喰い千切られたとのこと。圓朝三題噺の名作、怪談「鰍


沢」に倣い、河は血に染まる阿鼻叫喚の惨劇「パラナ沢」の一席、お粗末でございます。

煤(スス)払いじゃっ


 ご案内の通り、お江戸じゃ公方様に習って師走の13日に煤払い、つまり大掃除をやって


おりました。私ゃ 無精者でして 「孫四人(ヨッタリ)を迎える準備をしにゃぁ」 と重い腰を 上げ


たのは 昨日25日です。親代々の日蓮宗でして クリスマスなんざぁ鼻も引っ掛けませんぜ。


                                           サンタの大掃除 

 一階と二階のトイレ・洗面所を 磨き上げて 明かりを 灯すと ビックリするほど 輝いており


手前味噌ですが チョイと 感動しましたね。次が難物の浴室です。お恥ずかしいことながら


壁・床や浴槽の蓋の黒カビが従前から気になっていたのです。浴槽の蓋から手を着けたの


ですが、黒カビめは、タワシの絨毯爆撃も 浴室用洗剤の波状攻撃も ガンとして 撥ねのけ、


奥の手のスチーム吹き付けも 平然と 受け流し、難攻不落であります。 殆ど 涙目になって、


粉末状の漬け置き型パイプ洗浄剤をお湯に溶かしてタワシに含ませ擦るとアラ不思議スン


ナリ 消えるじゃないですか。後は 壁も床も 一気呵成でしたね。しかし 寒かったですなぁ。

産めよ 増やせよ 地に満ちよ


 明けて平成26(2014)午年の正月元旦であります。葛飾区四つ木の紺碧の空は凛と


して晴れ渡り、雲一つない初春の早朝に 鳥の囀りが穏やかに且つめでたく響き渡ります。


                                           初詣

 ただ今 6時30分現在、拙宅には、息子一家四人・娘一家四人・家内と私二人の計十人と


芝犬ウナ一匹がおりますが、起き出したのは私とウナだけで、他の者は 未だ安らかな寝息


を立てて夢の中です。無理もありません。大晦日の深夜11時に縁起物の年越し蕎麦を食べ


た後、1145分頃に 孫三人・娘夫婦・息子の嫁・家内を 引き連れて 2丁ばかり離れた 西


光寺に お参りし、ご住職のお導きで 除夜の鐘を衝きました。家族の衝く鐘は あくまで 優し


く温かな音色でしたね。 取って返して、そのまま 氏神様の 渋江白髭神社の初詣に 赴いて、


去年のお札を納め 新しき年のお札を授かりました。孫達の行き帰りの足取りは 確実に去年


より逞しく、我が一族の繁栄と幸福を 予感させました。さて 皆を起こして お屠蘇でも・・・。

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。