スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池波正太郎⑩・・・鬼平江戸処

 
 東日本高速道路という会社は実に怪しからん会社でありまして、世間のお父さん達のア


キレス腱を断つと申しますか、触れれ ば一たまりもなくヘナヘナと崩れ落ちる心の琴線を


掻き鳴らすんであります。ここまで 露骨で 蠱惑的で 抗い様のない奸策を実行に移すとは。


                          MMGEzz000018082010_2_0_000zz.jpg                                  

 いえ、昨日(19) 早朝の 日経トレンディネット 配信記事 「東北道PAに“鬼仁平犯科帳


ワールド”!リアル過ぎる演出に マニアもびっくり」 でご案内の通り、池波正太郎 「鬼平犯


科帳」の世界を 綿密な時代考証を経て 再現した「鬼平江戸処」のことでございますよ。鬼


平ファンなら一度で好いから行ってみたいと熱望する「五鉄」の軍鶏鍋を人形町の名店「玉


ひで」 が提供する訳ですから 文字通り 垂涎ものです。再現されたお江戸の町では朝・昼・


晩と 照明が 変化し、夜明けの 「アッサリィ、シンジメェ」 や 「ナットォエェ ナット」 の
辻売

りの声が 聴こえるというから 泣かせるじゃありませんか。 畜生、この親父殺しめっ。

スポンサーサイト

池波正太郎⑨・・・北大路小兵衛②


 今般の 北大路小兵衛版では、 総じて 女優陣は「当り」です。 田沼意次の妾腹の娘にして

女武芸者、佐々木三冬を 演ずる杏(渡辺謙の娘)も まずまず上出来の 部類でしょうね。 颯爽

とした杏の長身が、歌舞伎の色若衆も 裸足で逃げ出す 美貌の女性剣士として、一層見映え

いたします。 今を ときめく 田沼の娘らしく 物怖じしない 我ままぶりも 原作の意図を 好く 汲

んでいますが、時折見せる剽軽(ヒョウキン)さは頂けません。仮にも五萬七千石の大名の姫君で

すぞ。残すは、女盛りの凝脂も 艶やかな、不二楼 お元の出番です。一日千秋の思いで 登場

を 待ち焦がれておりますが、 なろうことなら 高島礼子辺りに 演じて貰いたいなぁ。  

                                         ma_175.jpg

 それにしても、 秋山大治郎を 演じる斎藤工は 頼りないですねぇ。 渡部の 大治郎も  ヒョロ

ヒョロと 剣客らしからぬ風情でありましたが、 斎藤も朴訥というより頭のネジが 2~3本 抜

落ちているのでは という様子でした。 斎藤クン、大治郎は 無口でも 阿保ではないよ。

池波正太郎⑧・・・北大路小兵衛①


 秋山小兵衛こと藤田まことが 亡くなり「剣客商売」も 最早 新作を観ることができないと
 

嘆いておりましたが、北大路欣也の小兵衛で、24日、単発ドラマとして 復活・放映されま

した。恐らく 1シーズンに1回ほどの時代劇スペシャルになるのでは と期待しております。

                                            ma_175.jpg

 さすがに北大路欣也、藤田まことに比べて、より強くて伝法な 小兵衛に仕上がっていま

す。実在の人物で言えば、勝海舟(麟太郎)の父、勝小吉に近いイメージでしょう。 巻き舌

の江戸弁が 好く似合いそうですが、崩すのは ここまで。いくら何でも、小兵衛が「てやん

でぇ」とか「あた棒よっ」なんて啖呵を切っちゃあ、剣客じゃなくなりますよね。特筆すべき

は貫地谷しほりで、歴代お春の中でも 最高のキャスティングです。江戸近郊の百姓娘


健康なお色気が、剣に生きる父子の物語に野趣を添えます。誠に結構な、朝露を帯びた

一輪の野菊では あります。小兵衛の食指が動いたのも 無理からぬところでしょう。

池波正太郎⑦・・・赤い富士


 融通無碍に生きる無外流達人の秋山小兵衛が、まんまと一幅の名画を せしめるお話。

                                 828c1327.jpg

 妖怪小雨坊に家を焼かれ、新しく隠宅を普請する間、小兵衛は 浅草橋場の馴染みの料亭、

不二楼に仮寓することになりますが、不二楼亭主の与兵衛から 池大雅の筆になる赤富士を

見せられます。瞬きの間もなく サッと一筆で描いた富士山の頂きを朝日が染めて 朱が一刷

毛、天と地と人の全てが抽象された赤富士の絵に小兵衛の魂が 得たりと共鳴します。小兵

衛の惚れ込み様に、与兵衛は 却って 欲心勃然と起こり、絵の譲り渡しを どうしても 承知し

ません。結局のところ、与兵衛が性質(タチ)の悪い美人局(ツツモタセ)に絡め獲られそうになった

のを 救い出したということで、お礼方々、絵は 小兵衛の手元に 納まります。一献 酌みなが

ら 絵を眺めて 小兵衛は「この絵が二百両の強請(ユスリ)の解決料なら 安いわ」と にんまり。

池波正太郎⑥・・・鬼熊酒屋


 池波正太郎の剣客商売「鬼熊酒屋」は、秋山小兵衛と熊五郎の淡い交情が主題です。

                                          居酒屋(イラスト)

 熊五郎は、無外流達人の小兵衛より 四つ五つ 年上の、居酒屋、鬼熊酒屋のオヤジで、

「霜
枯れの閻魔さま」と呼ばれるほど凄まじく頑固で愛想の悪い強面のジジイです。熊五郎

因業なまでの捨身の生き方と安くて旨い酒に 心惹かれた小兵衛は、ひょんなことから彼

胃の腑に死病を抱え、人に隠れて苦悶していることを知ります。小兵衛の労わりを体を固

くして拒む熊五郎ですが、 ある晩、 不逞の浪人共に 切られそうになったところを 小兵衛に

救われます。 最早、 寿命も尽き果てたことを悟った熊五郎は、 ほっとした様に 荒んだ人生

の断片を吐き出し、 三日後の雨の中、 静かに 息を引き取るのです。それにしても、小兵衛

が 熊五郎の生き様と死に様をここまで 気に掛けたのは何故でしょう。 剣客と無頼の徒との

間には、命の遣り取りを避けては通れぬ渡世 という共通点だけはあったのでしょうか・・・

池波正太郎⑤・・・むかしの女

 
 9日に大女優の山田五十鈴が逝去。昭和が一段と遠くなった憶いに囚われます。

                                        MMGEzz000018082010_2_0_000zz.jpg

 TVの鬼平犯科帳シリーズの 「むかしの女」 で、平蔵の昔の女、おろくを好演していま 

したっけ。おろくは、平蔵が「本所の銕」の異名で放蕩放埓の限りを尽くしていた頃の相

手で、七つ年上の玄人女でした。おろくとの愛慾に溺れ込んだ平蔵は、若気の至りから

差でおろくの胸元を切り付けてしまいます。そして30年ほどの時を経て平蔵とおろくは

再会しますが、 雷神党なる 無頼浪人集団が おろくを誘拐(カドワカ)して・・・。出演当時の

彼女は
疾うに70歳を超えていた筈ですが、シャラリとした立姿や横坐りで三味線を爪弾く

様子の
婀娜っぽさと言ったら。50歳過ぎの役柄に些かも負けていませんでしたね。体調

を崩すま
での晩年は帝国ホテルで暮らしていた訳ですから、骨の髄まで女優ですよ。そう

言えば、
若くしてタイで客死した彼女の娘、嵯峨三智子も凄艶と言う他ない女優でしたね。

池波正太郎④・・・本所桜屋敷

   
 鬼平犯科帳「本所・桜屋敷」は、冷血残忍な盗賊の小川や梅吉の追捕を経(タテイト)に平蔵 

と旧知の二人との因縁深い再開を緯(ヨコイト)に織りなされる、純な娘の傷ましい転落の物語

ですが、主のいない本所桜屋敷の荒れた風情も余韻嫋嫋としてなかなかの佳品です。

                                            919a18757d0fe0e408169a3ed1f0c437.jpg                                               

 旧知の一人は、相模無宿の彦十という 香具師上がりの無頼漢で、尾羽打ち枯らした初老

の男です。 二十年ぶりの再会に 「銕(テツ)さんのためなら命も要らねえ」 と鼻水と涙で顔を 

グショグショに 濡らすのであります。 もう一人は、 平蔵と共に 高杉道場の竜虎と称された

岸井左馬之助で、 若き日の二人は、 桜屋敷の娘おふさに 至純の憧憬を捧げておりました。 

おふさは日本橋の富商に嫁ぎますが、夫に死別して嫁ぎ先を追われ、ついには賭場で立膝


して冷や酒を呷る莫連へと身を持ち崩すのです。歳月の流れの惨さに得心のいかぬ不器用 

な平蔵と左馬之助は、白州から引き立てられるおふさを 悄然として 見送るのでした。

池波正太郎③・・・求道者と風狂の徒

 
 
食に対する池波正太郎の拘(コダワ)りは並大抵ではなく、随筆を読むと 余りの一徹に苦笑


させられること頻(シキ)りですね。 氏が、数十年の長きに亘り、夕食の献立と晩酌時の肴の


感興を克明にノートに記録し、 食卓にこれを常置したのは周知の事実です。 食事内容に不


満だと 「これでは 血にも肉にもならない。 あー、 とても働けるものではない。  実に情けな


いことである。 こんなことでは 小説なんぞ 書ける訳がない」 てな愁嘆を 連綿と書き綴るん


ですから凄(スサ)まじい。これを嫌々ながら 読まされる夫人こそいい面の皮です。 私がやっ


たなら、 疾()うの昔に家内に一服盛られ、あえなく往生。夜陰に乗じて人知れず荒川の土


手辺(アタ)りの薮中に 埋められておりましょう。 誠に、 池波正太郎は、 旨いモノを喰らわん


が為には不惜身命の求道者であり、傍若無人(ソバニヒトナキガゴトシ)の風狂の徒でありました。

 
                                                      e0202018b.gif                                

 流石(サスガ)に、島田、辰巳、水谷らと新派演劇で一世を風靡した荒武者ではありますな。

池波正太郎②・・・五鉄の軍鶏鍋


 鬼平に限らず、池波正太郎の小説やエッセイに登場する食べ物は、私ら男どもには抗

(
アラガ)う術がない程に、直(ナオ)く 懐()かしく、また素にして 贅なのであります。ご婦

人方にはもう一つピンとこない男の嗜好でしょうな。
 

                                               
20081116_456955.jpg

 敢えて例を挙げれば、一流の料理人を誘ってキャンプに行ったところ、思いもかけず 野

兎を手に入れ、 同行の料理人が鼻歌混じりでチャッチャッと捌いてダッチオーブンか何か

で 岩塩や野草と共に 単純明快な鍋に仕立ててくれた といったところでしょうか。

 お父さん方には 鬼平でお馴染みの「五鉄」の「軍鶏(シャモ)鍋」。 好いですなぁ。 鉄鍋で

軍鶏肉を炒り付けた後、酒と薄めの出汁醤油を張って笹がき牛蒡をワサっと放り込んで、

グツグツいう奴をハフハフ頂く。まぁ焼き豆腐か白葱までは入れても苦しゅうない。それ以上


(マカ)りならん。「技あり」ではない。「一本、それまで」と言うのが分からんのかっ。

池波正太郎①・・・鬼平の通俗性

BSフジの「鬼平犯科帳」が第3シリーズに入りました。いやぁ、中村吉衛門は相変わ

らずシブイですね。「火付け盗賊改め方、長谷川平蔵である。神妙に縛につけぃ。抗う者

は切って捨てよっ」の声を聞くと溜飲が下がります。抜群の機動力の故に幕閣の咎めを

受けた時の 「我ら、軍政の名残を留める荒々しき刑事に働く身でござれば」の応えも凄

み十分。「この外道め、嬲り殺しにしてくれるわ」なんて凶賊成敗の台詞は殆ど失禁モノ。

                     MMGEzz000018082010_2_0_000zz.jpg       

  通俗的ですって。何をおっしゃる。力技で庶民の心を鷲づかみにした新派の脚本家上

がりの池波正太郎から通俗性を奪ったら、ワサビ抜きのお子チャマ寿司です。いい大人

がそんなモノ喰っちゃいけませんぜ。ふてぶてしい木嶋佳苗や小澤一郎に呆れたら「鬼

平を呼べぃ。石の二、三枚も抱かせりゃぁ、すぐに吐くわ」と威勢よく啖呵を切りましょう。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。