スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キシ麺で首って死ね


 親馬鹿と言っている内はまだ愛嬌もありますが、親の愚劣な溺愛行為が犯罪行為の隠蔽


や奨励にまで及ぶと、その子の将来に亘る非道外道の惨憺たる人生を確信し絶望します。


                          きし麺

 本日(3日)未明の産経新聞の三面記事「息子の衝突事故で母親が身代わり出頭 すぐ見


破られる 愛知県警」を走り読みして、親から子への破廉恥の伝搬後継に陰々滅滅とした


気分に陥りましたね。コヤツらは親子でお互いを悪徳の糞便に塗れさせようと奮闘してい


る訳です。愛知県 半田市に住む19歳の男は、飲酒運転の上に 信号無視を重ね、交差点で


乗用車と衝突・当て逃げしました。逃げ場の無くなったこの馬鹿は、母親に「何とかして


ちょうよ」と泣き付いたところ、単細胞の母親も「母ちゃんが身代わりになるでよぉ」と


二つ返事で 半田署に出頭しました。でも 最低限の状況確認もやってない無計画ぶりの為、


事情聴取でシドロモドロとなり 母子共々御用となりました。もう キシ麺で首吊って死ね。


スポンサーサイト

桜の樹の下には


 今朝(2日)も、我が町の四つ木公園に麗らかな春の日差しが降り注いでいます。抜ける


様な青空には小ぶりの綿雲がポカリポカリと浮かび、園内では猫達がノンビリ日向ぼっこ


を楽しんでおり、小生まで「世は全てこともなし」という満ち足りた気分になるのです。


                          sakura.gif

 公園内には、四本の桜の樹があります。背丈は3~4mの 比較的若い 染井吉野です。


枝先
も撓むような満開でして、見上げれば目眩のする様な桜花の重量感に圧倒されます。


何時も思うのですが、満開の桜の花の美の奔流に、小生は、何かしら人を幻惑する狂気妖


気を感じるのであります。美しいものが、かほどに無造作に大量に渦巻いていて好いので


しょうか。不安に駆られた時には梶井基次郎の散文詩「櫻の樹の下には」の冒頭を口ずさ


む気分になります。「櫻の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだ


よ。何故って、櫻の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか・・・」


花開く


             sakura.gif

 今週の日曜日(3月29)、天気予報では、午前中は小春日和、午後3時くらいから冷た


い雨とのことでした。その予報を信じ、午前7時30分、堀切菖蒲園駅集合のノルディック


ウォーキンングに参加しました。京成電車で柴又に移動し、スタートポイントの柴又公園


に着くと既に大勢の参加者が雑談に花を咲かせていました。全体で準備運動を済ませて、


午前9時より各種目毎に水元公園目指して出発です。徒歩3km・5km13km、それに小生


等のノルディック9km、総勢二百人ほどでしょうか。実に穏やかな陽気で、歩き出してす


ぐに、皆さん、ウィンドブレーカー等の上着を脱ぐほどの暖かさでしたね。2時間チョイ


で水元公園に到着すると桜は二分咲きといったところでしょうか?公園内を半周ほどして


折り返し地点に。そこから新緑を楽しみながら再び柴又公園に戻ったのですが、水元の桜


は陽気に誘われて、小生の眼前で一斉に花開いたのです。生命の迸りを観た思いですぞ。


自己嫌悪


                自己嫌悪

人には誰しも「己のことが厭わしくてならない」という経験があるものです。勿論、小生


も酷い自己嫌悪に陥ることがショッチュウです。弥生晦日の燦々と降り注ぐ陽光の下、そ


んな経験をツラツラ思い起こしてみると、やはり「人に優しくできなかった」こと、もっ


と直裁に申せば「人に意地悪をした」思い出がこの歳になると一番堪えますよ。ちょっと


した相手の言動に反発を覚え、チクリと相手の心臓を刺す様な一言を発してしまった場面


を想い出すと「あぁ~、馬鹿、馬鹿、俺の馬鹿」と呻唸するのです。それほど嫌な気分に


なるなら懲りりゃぁいいものを忘れた頃にマタゾロやっちまうのです。何故でしょうか?


ボンヤリとした思想の輪郭しか見えませんが、恐らくは「人は死ぬ。誰も必ず死ぬ。勿論


自分も死ぬ」ということを 放念しかけ、「自分だけは死なない」様な錯覚に囚われるから


でしょう。「二度とない人生」を生きることへの緊張感を失うからじゃないでしょうかね?

                   



和魂洋姿


 ご案内の通り、NHKの朝の連続TV小説「マッサン」が明日終幕となります。小生は


最近の朝ドラは滅多に観ることがないのですが 「マッサン」だけは殆ど毎回楽しませて


頂きました。実話ということもあって、マッサンとエリーの数奇ともいえる人生に感銘を


受けた次第です。そう言えば、劇中の夫妻が 共有するmottoは、“Life is challenge &


adventure ”でした。小生は “Life is belief & patient”の言葉を夫妻に捧げます。


                              マッサン

 「マッサン」の魅力の相当部分が 主演女優のシャーロットケイトフォックス に由来し


ていたのは衆目の一致するところかと存じます。華奢で優美な外見と共に大和撫子然とし


た靭く嫋な精神性が日本人を惹きつける訳です。今朝(27)、NHKに彼女がゲスト出演


し「久しぶりに米国に帰ったら、人々が 怒鳴る様に喋り、所構わず キスしたりしていて


ビックリ ウンザリした」と発言するのを聞き、日本人が贔屓にする筈だと感心しました。


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

東西南北客争来

Author:東西南北客争来
昭和25年 福岡県北九州市生まれ
麺と酒と銭湯を 人並にこよなく愛し
古今亭志ん朝とロッドスチュワートを聴き
柴犬と白川静と池波正太郎に夢中

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
FC2 Blog Ranking
日本ブログ村ランキング
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラ還オヤジへ
にほんブログ村 犬ブログ 茶柴犬へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。